ブログ

Our research

2019年度の取り組み (#2/2)

Divergent syntheses of new artificial glutamate analogs 中枢神経シナプス後終末にてイオンチャネル型グルタミン酸受容体(iGluR)は興奮性の神経伝達を担っている。i …

2019年度の取り組み (#1/2)

Studies on synthesis and biological function of aculeine B, a peptide–polyamine hybrid marine toxin Aculeine B …

From our publications: 神経活性化合物の開発を可能にしたsp3骨格のハイブリッド戦略 (10.5059/yukigoseikyokaishi.78.292)

Title: 神経活性化合物の開発を可能にしたsp3骨格のハイブリッド戦略 URL: https://doi.org/10.5059/yukigoseikyokaishi.78.292 本論文の構成 イオンチャネル型グル …

From our publications: CAMP and TAMP: Synthesis and Biological Evaluation (10.1246/bcsj.20190168)

Title: Four Stereoisomers of 2–Aminomethyl–1–cyclopropanecarboxylic Acid: Synthesis and Biological Evaluation …

From our publications: Total synthesis of lycoperdic acid and its C4–epimer (10.1016/j.tetlet.2019.06.067)

Title: Total synthesis of lycoperdic acid and its C4–epimer URL: https://doi.org/10.1016/j.tetlet.2019.06.067 …

From our publications: Stereochemical control in the cyclization for cyclopropanes (10.1246/bcsj.20190096)

Title: An Empirical Model for Stereochemical Control in the Cyclization for Cyclopropanetricarboxylic Acid Est …

2018年度の取り組み

AMPA受容体リガンド候補化合物TKM-38の不斉合成 イオンチャネル型グルタミン酸受容体 (iGluR) は中枢神経系神経細胞シナプスにあって、ほ乳類の興奮性神経伝達を担っています。私たちの研究室で開発したIKM-15 …

研究室案内の原稿から:2019年度

私たちの研究室の研究概要と研究内容を紹介します。進学希望の皆さんは参考にしてください。 研究概要 生物活性を有する天然有機化合物の探索や合成化学を通して、ライフサイエンス研究に役立つ創薬指向型化合物の開発を、入江助教とと …

Our activities in the 2016 school year (2)

Synthetic Studies on Protoaculeine B Aculeine B was isolated in 2011 by Sakai et al from marine sponge Axinyss …

1 2 »

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 横浜市立大学 創薬有機化学 All Rights Reserved.